2021.12.4 ミーティング

12月4日に年末全体ミーテイングを行い、2021年を振り返り反省と来年の目標を協議しました。

今年は【輸入材が国内に入ってこない】、【木材.鋼材の動きが乏しい】、【人件費の上昇】、【トラックの価格の上昇】、中でも注目すべき点は【燃料代の高騰】、燃料代は昨年比較で月次300万円の経費増に頭を抱えました。

セッションではひとりのドライバーから【年間アイドリング時間2割削減】の提案があり、デジタルタコグラフのデータから算出しても可能な数字であるという裏付けから、来年の目標の一つとなりました。

弊社の特徴としまして、ドライバーや現場の意見をどんどん取り入れルールや目標は会社全員で作っていくという点です。

2022年は人事配置を改め、心機一転フレッシュな体制で挑んで参ります。

今年一年の反省を生かし、2022年もお客様のお役に立てるよう努力してまいります。

①お客様に安定した輸送サービスを提供いたします。

②お客様が抱える問題を解決する提案をいたします。

③当社は時代に沿ったサービスを探求し進化し続けます。

今年も沢山の皆様にお世話になり本当にありがとうございました。

来年も、お客様のお役に立てるよう精進してまいりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

アーカイブ

PAGE TOP